北海道根室市鎮座 金刀比羅神社のウェブサイトにようこそお越し下さいました

 

上記の「御祭神・由緒」「お祓い(ご祈祷)」などの見出しをクリックし、ご覧になられたいページへお進み下さいませ。

 

新 情 報 】 


 御神札(おふだ)の頒布について

 

神棚の御神札は年末に新しいものに入れ替え、清々しい気持ちで新年を迎えることをお勧め致します。

下ろした今までの御神札やしめ縄等は、年明け7日の「どんど焼き」に納めましょう。

 

御神札 初穂料 

1組 3,500円  

 ・天照皇大神宮神札

 ・金刀比羅神社神札

 ・年徳大神

   

【大】1組 5,000円

 ・天照皇大神宮神札(大)

 ・金刀比羅神社神札(大)

 ・年徳大神(大)

   

【年徳大神のみ大】1組 4,000円

 ・天照皇大神宮神札

 ・金刀比羅神社神札

 ・年徳大神(大)

 

紙垂類 初穂料

 注連縄幣 4枚1組200円

 御  幣 1枚  400円

 御神酒幣 1対  600円

 

新年の御神札は、下記にて頒布しております。

・金刀比羅神社社務所

  午前8時30分~午後5時

  ※12月25日以降は午後6時迄   

・根室出雲神社社務所(定基町4丁目)

・武田商店(平内町2丁目・平内郵便局隣り) 

・土屋勝博宅(昭和町1丁目・成央橋付近)

    

 

また、市街頒布員がお届けすることも可能です。

お気軽にお問合せ下さい。

 金刀比羅神社社務所 

 電話:0153-23-4458

 受付:午前9時~午後5時

 

【神棚がない・置けない場合】

「神棚を設けるスペースがない」等の理由で御神札をおまつり出来ない場合は、本棚やタンスなどの上に白い紙を敷き、その上に御神札をおまつり下さい。

また、当社では「木製御神札立て」を無料配布しておりますので、必要な方は社務所又は市街頒布員にお申し出下さい。

(※御神札を受けられる方のみ対象)

 

【喪中時の対応】

葬儀家(喪を出した家)にあっては、神棚正面に半紙を貼ります。

50日が過ぎましたら半紙を取り除き、平常のおまつりを再開します。

喪があった年も、50日が経過してましたら新しい御神札に取り替えます。

50日が過ぎていない場合は、経過後にお取り替え下さい。

御神札は年間を通して社務所で頒布しております。

身内にご不幸があった年でも、50日が経過していましたら新しい御神札に取り替えます。

 

しめ縄も取り替えますが、賑やかな飾り物がついていないものを選びます。

雄蝶雌蝶も派手目なものは避け白色をお選び下さい。

松飾りはたてないほうがよろしいでしょう。

お供え(餅)はみかんを乗せなければ、おあげしても構いません。

  

神棚のまつり方についてはこちらをご覧願います

 

 


新春祈祷のご案内

 

年の始めに皆様お揃いでお祓いを受けられ、清々しい気持ちで新たな日々を過ごされませんか。

 

1月中随時、お住まいや企業・会社に神職がお伺いし、家内安全・無病息災、社運隆昌・事業繁栄のご祈祷を行っております。

お問合せは神社社務所までお気軽にご連絡下さいませ。

・神棚前にてご祈祷を行います。立礼・座礼のどちらでも構いません。

・所要時間は15分前後です。

 


北海道ご当地みくじシリーズ

【当社特製】

福ざんまいみくじ

 

「福ざんまいみくじ」(1匹300円)を頒布しております。

張り子のサンマ(体長約10cm)がついたおみくじです。

 

根室はサンマの水揚げ量日本一のまちです。

どのような食べ方でも美味しいサンマ。

塩焼き、蒲焼き、竜田揚げ、甘露煮、糠サンマ、湯煮、ルイベ等々。

その中でも新鮮なサンマを食べられる根室一押しなのが「お刺身」。

お醤油に一味唐辛子を多めにまぶして食すのが根室流です。

 

根室の「地域のたから」をおみくじに模してみました。

日本一のサンマにちなみ「多くの福で溢れますように」と「福ざんまい」(福サンマい)と名付けました。

尚、おみくじも北海道の方言で書かれたオリジナルの「えぞみくじ」です。

各運勢の他に北海道の幸運名物やスポットも記載されております。

 

備え付けの竹製釣りざおを使って釣り上げて下さい!

 

 

こちらのおみくじは「北海道ご当地みくじシリーズ」として、北海道内各地で展開しております。

各地域の「たから」で張り子を作製しました。

(添付のえぞみくじは共通です)

 

当社の他に下記の5社で頒布中です。

函館市 湯倉神社「イカすみくじ」

帯広市 帯広神社「魔鮭福鱒みくじ」

苫小牧市 樽前山神社「一念発起みくじ」

美瑛町 美瑛神社「富諸来しみくじ」

稚内市 北門神社「いカニもいいみくじ」

 


「旅守」(ステッカー型) 

 好評頒布中です  

 

旅の道中安全を祈念致しました人気の守りです。

旅行で根室を訪れる方々にお勧め致します。

自動車やバイク、自転車、スーツケース、長柄杓等に貼り付け易いステッカータイプです。

本土最東端の地まで訪れた記念に、旅のお守りとしてお受け下さいませ。

 

【初穂料】500円  

【大きさ】名刺サイズ  

【色】黒・銀・紺・桃・黄・水

 

当神社のお守り紹介ページはこちら

 


「厄割の玉」

(やくわりのたま)

 

自身に降りかかっている災いや悩み事を打ち砕く玉です。
思いを「厄割の玉」に移し込み、「厄割の岩」目がけて投げ込み災難を打ち砕き、気持ち新たに毎日を過ごして参りましょう。

 

一玉 200円

社殿向かって左に「厄割の玉」と「厄割の岩」をご用意しております。

 

※積雪がある期間は、ご用意出来ない場合がございますのでご了承願います。


【社務所・神輿殿・お祭り資料館】

開館時間  午前8時30分~午後5時

・社務都合により開館時間が変更になる場合がございます。

・神輿殿・お祭り資料館は見学無料です。

   根室っ子自慢の大神輿は必見です。

 是非お立ち寄り下さいませ。

 

アクセス詳細はこちら

 

【 御朱印について 】

・御朱印ご希望の方は、上記時間内にお越し願います。

・仕様は2種類ございます。(300円・500円)

・兼務神社の御朱印には対応しておりませんのでご了承願います。

・恐れ入りますが、下記期間(時間帯)は朱印帳に書き入れが出来る神職がおりません。

 他職員が「書き置き紙」のお渡しにて対応させていただきます旨ご了承願います。

 ・全神職奉仕の祭儀斎行時

 ・出向祭等が複数入っている時間帯

   ・1月1日~7日

 ・2月3日

 ・3月11日10時~12時

 ・8月9日14時~12日

 ・兼務神社(23社)の宵宮祭、例祭日

 ・その他(総代会開催中等)

※あらかじめ書き入れたものに日付を記入しお渡し致します。ご自身で御朱印帳にお貼り願います。

・「書き置き紙」はお一人様一枚でお願い致しております。参拝の証としてお考え頂けましたら幸いです。

 


【境内に咲く花たち】

季節ごとに様々な花が神社境内を彩ります。

ここに一部をご紹介致します。

 

・キバナノアマナ(ユリ科)

  見頃:4月下旬~5月

・エゾエンゴサク(ケシ科)

  見頃:4月下旬~5月

・チシマザクラ

  見頃:5月中旬~下旬

・エゾヤマザクラ

  見頃:5月中旬~下旬

・オオバナノエンレイソウ(ユリ科)

  見頃:5月~6月

・スズラン

  見頃:5月~6月

・クロユリ

  見頃:5月~6月

・アジサイ

  見頃:7月下旬~8月


根室金刀比羅神社 車祓いの図

交通安全 車祓のご案内

 

当神社では、新車・中古車を問わず、自動車のお祓いを承っております。

運転される方とお車を祓い、交通安全・無事故を祈願致します。

お祓い後、交通安全御神札・お守り(吸盤付)・ステッカーをお渡し致します。

尚、複数名で運転される場合は、連名でのお申込みも可能です。

 

可能な限り、事前のご予約をお願いしております。

直接お越しいただいた場合、準備や他の祭儀の都合により、お待ちいただく場合がございます。

  

 

受付時間 午前8時30分~午後5時

電話番号 0153-23-4458

 

 


 

 

神前結婚式のご案内

 

人生の中で最も華やかで重要な節目の儀礼です。

神様のお導きによって結ばれた縁に感謝し、長い人生を互いに尊敬しながら平和な家庭と子孫繁栄をはかっていくことを神前に誓います。

 

根室の氏神様の大前にて、厳粛な神前式はいかがでしょうか。

 

詳しくはこちら 神前結婚式 をご覧下さい。


 

神輿殿・お祭り資料館 

毎日見学出来ます。

(午前8時30分~午後5時)

入館無料

根室金刀比羅神社 神輿図

「いつか」を「今」に。 

日本の領土、北方領土。

納沙布・北方領土 空撮図

金刀比羅神社 社務所

〒087-0055 北海道根室市琴平町1丁目4番地

電話 0153(23)4458    FAX  0153(23)4474